「ウィズ・ザ・ビートルズ」について

村上春樹さんの新作の短編集「一人称単数」のなかに「ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles」という短編があります。

Amazon.co.jp: 一人称単数 (文春e-book) eBook: 村上 春樹: 本

高校時代にウィズ・ザ・ビートルズを持った女の子を見かけてよく覚えていて、そのときのガールフレンドの思い出、のちに会ったガールフレンドの兄との会話、などが書かれています。村上さんの短編は好きなものいくつもありますが、これはその1つに入るかなと思います。

その中で、この物語とは別に、アルバムとしての「ウィズ・ザ・ビートルズ」について語っているところに、ちょっと興味深いものがありました。

三十代も半ばになり、もう少年とも青年とも言えなくなった僕が、そのLPを初めて耳にしてまず思ったのは、そこにあるのは決して息を呑むような素晴らしい音楽ではないということだった。
アルバムに収録された十四のトラックのうち、六曲は他のミュージシャンの持ち歌のカヴァーだし、ビートルズの八つの自作オリジナル曲も、ポールの作った「オール・マイ・ラヴィング」を別にすれば、とくに出色の出来とは言い難い

ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles

思い出はあるものの、音楽的に超気にいってたアルバムではない、というところがなんかポイントですかね。

別の話ですが、私は先日、この「ウィズ・ザ・ビートルズ」をLPで買いました。ビートルズの作品はCDではいくつか持っていて、今はサブスクのYoutube Musicなんかでもよく聴いてますが、アナログの音でじっくり聴きたいというときにビートルズも欲しいなと思い、そんなに何枚も買うわけには行かないからどれにしようかと迷って決めたのがこのアルバムでした。

インスタのコメントに書いているとおり、「オール・マイ・ラヴィング」が入っているから買った感じですね。ビートルズの曲で1番好きな曲です。正直に他の曲が目当てでなく買った、という意味では、村上さんと意見は共通しているかもしれません。
このLP買ったのは4月ころ。「三人称単数」が発売されたのが7月だったので、ちょっとおおっと思いました。偶然というかなんというか被っているなと。

確かに、アルバムとして見ると、もっと素晴らしいアルバムは他にもあると思います。(個人的には「レット・イット・ビー」とか「ホワイトアルバム」であるとか。)
ただ、「オール・マイ・ラヴィング」は3曲めですが、アルバム全体としては、似たような雰囲気、仰々しくないアレンジで自作曲もカヴァーも演っていて、かつ「オール・マイ・ラヴィング」のような珠玉の曲も含まれている感じは、なかなか悪くない感じがしてます。食事を作りながらかけていると、非常にいい気分になれますね。

ジャケットも雰囲気あるし(ハーフシャドウという半分影になっている方法なんですな)LPでこれを選んだのはなかなか正解だったかなと思ってます。ビートルズはもう完全な定番なので、まだまだ聴き続けたいと思います。そして、「オール・マイ・ラヴィング」では、しっかり歌いたいと思います。

▼参考URL

ウィズ・ザ・ビートルズ – Wikipedia

「デザインTシャツストア グラニフ(graniph)」で、ビートルズTシャツを買う

私は、ビートルズの音楽が好きですが、それにかこつけてTシャツも買っています。

Tシャツの専門店「グラニフ(graniph)」のコラボレーションとして、数年前からビートルズのTシャツが発売されています。時期によってデザインは入れ替わっていますが、気になって何着か買いました。

2016-02-16 22.56.49

これは3年前頃に買ったもの。所属レコード会社のアップル社のマークが大きく出てますね。

2016-02-16 22.57.05

背面には「Beatles」のロゴがあります。

2016-02-16 22.57.32

次も、同じく数年前に買ったもの。これは、アメリカツアーのポスターを模したものです。

2016-02-16 22.57.45

日程と会場などが書いてあります。

2016-02-16 22.56.00

そして、これは今年買ったもの。シンプルにロゴだけです。どことなく、アルバムの「Past Masters Vol.1」のジャケットを彷彿とさせます。

2016-02-16 22.56.22

この背景には、小さな林檎が書いてあります。

ビートルズのTシャツは、ちゃっちいロックTシャツなんかで売られているのを見たことがあり、それは普段着るTシャツとしては、あまり適さないように思いましたが、これは元々Tシャツ専門店が作っているだけあって、ものもしっかりとしてデザインも変なのはないように思います。他にも、アルバムの「HELP!」や「Yellow Submarine」などのものがあります。
コラボということで、いつかはこのシリーズも終わってしまうのかと思いますが、それまでにまたいいものがあったら買いたいですね。

[ad#ad-2]