個人的には残念だったLiverpool FCとNew Balanceの別れ

Liverpool FCの2020-21シーズンのサプライヤーがNikeに決まりましたね。もうチームで着用されているようです。

リヴァプールFCは2020-21シーズン用の新しいナイキ・ホームキットを発表 – Liverpool FC

twitterでフォローしているリバプールファンのLFC BELIVER@King47Ynwaさんもこういうツィートをしてますね。

今までのサプライヤーだったNew Balanceとの関わりももうなくなっているようですね。

New Balanceがサプライヤーになったのは2015-2016シーズンから。1990年代からLiverpool FCを応援してきて、Reebok 、adidas、warrior(関連会社だったみたいですが)と歴代のサプライヤーと比べて、なんとなくクラブのカラーとか雰囲気にあってる気がしてましたね。

大規模スポーツメーカーでないNew Balanceとメガクラブまで行かないLiverpool FCの立ち位置

New Balaceのスポーツブランドにおける立ち位置は、Nike、Adidas,Pumaのようなサッカー界のメガブランドの中では新興ブランドです。
そして、Liverpool FCのサッカークラブ内の立ち位置も、Real MadridやBarcelona、Bayern MünchenやManchester Unitedなどのメガクラブの次の2番手グループ、というようなところかと思います。そういう意味で合ってたかなと

New Balanceのボストン、Liverpool FCのリヴァプールという都市の立ち位置

フランチャイズの都市の立ち位置も、ちょっと似ていたかなと思います。ボストンはニューヨークに対抗する存在、リヴァプールもロンドンに対抗する存在、とどちらもど真ん中な立ち位置ではなかったというところも、共通項があったかと思います。
Liverpool FCのオーナーは、ボストンが本拠地のBoston Redsoxのオーナーでもあるので、そのあたりも共通してますかね。

ただ、結局は、なんだか喧嘩別れみたいになったのは悲しいですね。

リヴァプールがニューバランスから訴訟される | HYPEBEAST.JP

OBのルイス・ガルシアさんも愛用してたみたいだったのに。

View this post on Instagram

Session Done !! #stayhome

A post shared by Luis Garcia (@luchogarcia14) on

ちょっと前にLiverpool FCのオンラインショップでNew Balance製のウェアとかいろいろ買い物したので、それを愛用していきたいと思います。

モンベルのワークキャップがなかなかいい

以前、帽子についてこんなエントリを書いたことがありました。

このときはハットでしたが、今回はワークキャップですね。持っているのはこちら。

ブルーのワークキャップ。ポリエステルでつるつるしている素材ですね。割と明るい青、という感じです。

後ろはアジャスタつきで、大きさも調節できる感じですね。
割とどんな格好でも合うので、今はTシャツにこの帽子をかぶるコーディネーションをよくしてますね。

そして、この度、モンベルクラブに入会していろいろ買物したのですが、また1つ新しいものを買いました。

モンベル | オンラインショップ | コットン スウェット ワークキャップ

スウェット生地ということで、やや厚めの生地ですね。最近買いましたが、秋冬向けに買った感じです。明るい色味のほうがいいかなと。

生地は厚手ですが、汗を逃がす穴もあったりと、工夫がある感じですね。

なんだか、帽子はアウトドアメーカーのものを愛用するかたちになってますが、機能性に優れてデザインが気にいるものがあれば、それがベスト、というかたちですね。
しょっちゅう帽子はかぶりますが、よりいいものを見つけていきたいですね。

モンベルの有料会員、モンベルクラブに入会してみた。

アウトドアブランドのモンベル、日本のブランドということもあり、昔から大好きなブランドです。
このモンベルのオンラインストアを利用するのに、モンベルクラブという有料会員サービスに入会する必要があるんですね。今回、どうしてもモンベルの製品を買いたいと思って、まあ良いかと思って入会してみました。年会費として1500円かかります。以下、会員になったことによる感想は以下です。

Amazonや楽天など、他のオンラインストアにモンベルの商品が売ってない

普通に商品を探すように、いろいろなところで検索してみたんですが、モンベルの商品って全然ないんですね。なんでだ?と思ってましたが、基本オンライン・オフラインともに自社のストアで販売する、というのが基本だから、ということですね。いろんな状況で、オフラインのリアル店舗に行くのはなかなかまかりならん・・・という状況なので、オンラインで商品を買いたいんですが、買うならこの公式オンラインストアに会員登録して買わなくてはいけない、ということなので、もう入会して買うことにしました。そのあたりは、多少迷ったものの、決断に至りました。

会員になると、会員ステータスに応じてピンバッジがもらえる

よく会員特典などを読んでなかったんですが、入会後に会員証とともにピンバッジが送られてきました。

ステータスはビギナーレベルということで、この色です。会員ステータスが上がることにシルバーとかゴールドとかダイアモンドとかあるようですが、それはまあそれとして、普段割とピンバッジを色んなところで購入して集めていたので、ピンバッジもらえたのは嬉しい誤算でした。

施設利用とかの利用特典があった

アウトドアブランドということで、キャンプサイトとかネイチャーツアーとかのアウトドア関連の施設とかサービスとかが中心ですが、割引などの優待が受けられるようですね。これもよく読んでなかったので、会員証とともにその優待の冊子も同封されていて、そうなの?と思ったというのが正直なところです。
提携しているサービスについても割引サービスがありましたが、モンベル社が運営しているキャンプサイト、というようなものもあるのを知り、ちょっと興味を惹かれましたね。
こういう状況で、なかなか旅行なども行きづらい状況ですが、いつかそういうところに行きたいなという興味もあって、目に留まりましたね。

オンラインストアで買ったものはこちら。

GORE-TEXのレインウェア上下。アウトドアでも普段使いでも(自転車による保育園の送り迎えなど)使うなと思っていたので、価格はまあしますが必要かなと思って買いました。

今後も買いたいものがいくつもあるので、オンラインストアは利用しつつ、その優待サービスも使ってみたいですね。久々にアウトドアについて、いろいろ興味を持ってみたいと思いました。

▼参考URL

モンベル | オンラインショップ

デスク周りのケーブルごちゃごちゃ問題を解決した

在宅勤務を始めて3ヶ月強経ち、1日家のデスクで仕事したりする時間が長いのが日常になりつつあります。
そういった中で、以前から気になっていたことは、デスク周りの電源ケーブルがごちゃごちゃしているということ。在宅勤務前の夜に家買えるくらいだと、デスクにいる時間も少しなので、多少気になると言ってもまあ良いか…と済ませてましたが、過ごす時間が長いとそうもいかない。椅子でケーブルを引きそうになるし、どのケーブルを使っていいんだが分からない、という実害も出ます。ということで、ケーブルごちゃごちゃ問題を根本的に解決しようとしました。必要なツールを買い求めて解決しました。

電源周り(テーブルタップ)は机に固定できるタイプにした。


テーブルタップは、今までは机に引っ掛けるリングをつけてそこからぶら下げていたんですが、なんかブラブラして安定せず、たまにプラグが抜けてしまうこともあったりして、安定感に欠けていました。
そこで、机の上に固定できるタイプにしました。ブラグも、3☓3という配置になっていることで、アダプタが大きくて隣のブラグを塞いで入れられない…ということも起きにくくなっています。それもいいですね。

こういう感じで、机の左横に固定させて、そこに各種アダプタを付けてます。1つは空きスロットにして、抜き差しできるようにしています。

USB-C、USBとか各種アダプタを入れておけば、いろんな機器の電源を取れるように対応しています。

ケーブルはケーブルスタンドに引っかけておく


テーブルタップに挿しているアダプタから伸びるケーブル、これをどうするかも大きな課題でした。タブルクリップでまとめて留めてたりしていたのですが、外れて床に落ちたままになり、椅子で引いたりしてしまう場合もあるんですよね。そのため、うまくケーブルを整理できるツールを探していましたが、これが便利そうで買いました。

本当は、これもテーブルタップ同様に机の横に固定しようと思っていたのですが、留め具の幅の関係で机の足に固定しています。スタンドの引っ掛ける幅は、狭い・広いの両方ありますが、うまく引っ掛けておくとうまく整理できるように思います。

ということで、まだ完成ではないものの、以前よりはだいぶケーブル類は整理できたように思います。ツールをうまく使って整理して、快適なデスク周りにしていきたいですね。

ARVOR MAREE(アルボーマレー)のポロシャツを愛用中

ARVOR MAREE(アルボーマレー)というアパレルブランドがあります。フランスのサーフ寄りのブランドですかね。
私はこのブランドのポロシャツが好きで、もうかれこれ15年くらい買い直しながら愛用してます。今年も買いましたが、下記のものですね。


画像はこちらです。

色は、M・Blueとありますね。(Mってなんだろう?)実はこの同じモデルを持ってましたが、5年くらい着ていて、生地もクタって襟周りの汚れも目立つようになってきたので、つい最近買い直しました。
気に入っている点は以下ですね。

襟がセイラーカラー

ポロシャツなんで襟がありますが、他ではあまり見たことないセイラーカラーという形です。

なんというか、ヨットというか、海を感じさせる丸いかたちですね。ただ、襟は襟なんで、形はカジュアルだけど、襟があるぶんTシャツとかよりはややドレスよりです。MBさんがいうところの、ドレスとカジュアルのバランスとしては、ややドレス寄り?という感じもしてます。

生地は鹿の子じゃなく、ややツヤがある感じのコットン

ポロシャツは鹿の子が定番ですが、個人的にやや重みというか厚みがあるというか、そういう感じがそんなに好きじゃないかな・・・と思ってます。なので、ポロシャツは、割とツルッとしたというか、そういう生地のものを探すことが多いです。
このポロシャツは、そのややツルッとした感じの生地で、肌触りもいいし、思ったものに近い感じですね。

シルエットはオーバーサイズではなく、わりとジャスト目

今のトレンドはルーズなシルエットですが、このポロシャツは割とジャストで、そんなにダボッともせずいい感じで着れます。もう別に若くないので、トレンドどんずばというのを目指すのでもないですし。
普段はLサイズのものを着ますが、このアルボーマレーのポロシャツではサイズ3ですね。

そして、特徴的なニワトリのロゴ。フランス感がありますね。

それとは別に、このポロシャツも買いました。


さきほどのポロシャツとは違って、これは襟がセイラーカラーではなく、なんというかノーカラーみたいな感じになってます。色はNAVYを買いました。値段は、襟の値段なのかは分かりませんが、2,000円くらい安かったです。

襟はこんな感じです。

これらはポロシャツでしたが、冬には、カーディガンも買いました。


コットンのカーディガンで、生地は厚手ですが裾などは空いているという、カジュアルなカーディガンですね。冬から春に掛けて結構着てました。

また寒くなったら着ようかな。


最近は、在宅勤務が主で、そんなに服装に凝らなくても別に過ごせる時間が長いですね。
ただ、自分のお気に入りの洋服を着ることで、気分転換できるかなと思います。そういう意味で、自分の中のスタンダードとなっているこのブランドの洋服を買えるというのは、やっぱりいいですね。今年もこの2着買ったので、ばっちり着ていこうと思います。

ASUS Chromebook Flip C213NAを買った

先日Chromebookを買いましたが、使い倒してますね。

まあ、なんと、2台同時購入したのですが、その2台目のレビューです。使ってみての感想などは以下です。

手頃な価格のChromebook

買ったときの価格は、60,000円台前半でした。他のChromebookとか、Windowsの製品とかよりも安い水準ですね。
これは、主に娘の教育コンテンツを使うために買ったものなので、正直そこまでハイスペックなものはいらなかった。そういう意味で、使いやすいと思います。

スタイラスペン付きというところは良い

この製品は、スタイラスペンが標準装備です。主に、教育向けにも使えるようにしているからだと思いますが、これは便利ですね。
教育コンテンツだと、マウス+キーボードよりも、キーボード+タッチパネル(およびスタイラスペン)みたいなほうが、直感的に操作できる意味でいいですね。娘も普通に、というか、私のようなマウスで操作したい旧世代とは違う感じで、うまくスタイラスペンを使って操作しますね。

キーボードは、ちょっと昔っぽい感じの打鍵感

キーボードは、なんというか、最近のMacのようなちょっと押し込むものとは違い、以前のデスクトップのキーボードに近いような樹脂製で押し込むようか感じの打鍵感ですね。別に、打つのに問題があるわけではないですが、最近のデバイスの進化したキーボードを使ってみると、ちょっと昔感があるな、というようなことですね。

USBポートが2つあって良い

ここで言うUSBというのは、USB-Cではなく、普通のUSBですね。ワイヤレスマウスを使うので、レシーバーを挿してますが、1つだとそれだけで埋まってしまうものの、これは2つポートが確保されているのでいいですね。USB-Cも2つあるので、それも複数あるのが便利かと思います。

バックパネルはこちら。

Chromeロゴは、カラフルでいいですね。

タブレットモードも、こういうふうにして使えますね。

いろいろいいつつも、安価/堅牢で、いいデバイスかなと思います。スタイラスペン使えるのは、今の若い世代には使いやすいですかね。もっと使っていきたいですね。

ASUS Chromebook Flip C434TAを買った。

先日、Chromebook導入したエントリを書きました。
Chromebookを導入した|Morayblog
2台同時に導入したんですが、そのうち一台がこちらでした。

前のエントリにも書いたんですが、いろいろと迷ったんですよね。その上でこれを選んだんですが、その、いろいろと迷ったり検討したポイントは以下です。

持ち運び可能なサイズである。

基本、通勤のときに持っていって、行き帰りの途中でさっとブログやサイトを更新する、などをしたいと思っていました。そういう意味で、かばんに入るサイズって重要かなと思っていました。
そういう意味で、こちらは14インチということで、大きすぎす小さすぎずなサイズで良いかと思っています。

持ち運び可能な重量である。

筐体の重量が約1.45kgということで、持ち運ぶのにはそこまで重くないかなと思ってます。実はこのあと出る予定のC464?かな、は1.1kgということで、それを待ちたいなーと思っていたんですが、在庫も希少ということでこちらを買いました。
持ってみて、そこまで重くないかなとは思いました。

メモリは8GB のモデルにした

メインメモリは8GBほしかったですね。ということで、それだけメモリを積んでいるこのモデルが選択肢に入りました。あまり重い処理はしないものの、メモリを多く積むことでいろんな処理を早くしたいと思っていたので、このモデルで良かったです。

タッチパネル・フリップ機能はおまけで

タッチパネル対応のモデルですが、そこまで重要視してませんでした。正直タッチパネルなくてもいいかなと思っていたので。ただ、自分ひとりが使うのではなく、家族とも共用するので、特にタッチパネル世代の娘が使うことを思うと、タッチパネル対応モデルにして良かったかなと思います。フリップできる機能も同じですね。

こちらがヒンジ部。エルゴヒンジっというようですね。

横から見た図。USBはタイプCを中心に、タイプAもありますね。

厚さはやはりそこまででもなく、薄いですね。

Chromeのロゴは、モノクロ仕様ですね。個人的にはカラフルな方がいいなと。

画面はだいぶきれいですね。処理も早く、ディスプレイには不満はないです。

キーボードは、打ちやすい感触と打鍵感。いいですね。

90度に開くこともできますね

フリップモードにすることもできますね。前の人に見せるときに便利かなという感じですね。

早速使い倒していきたいと思います。

Chromebookを導入した

以前も使っていて、しばらく使っていませんでしたが、今回ChromeBookを導入しました。しかも2台同時。

Chrombookは、それこそ8年ほど前に、日本で本格発売されるまえに個人輸入して使ってました。こんなエントリも書いてました。
Google Chromebook Samsung Series 5を買った|MorayBlog

2台というのも、娘が学校や塾でもオンライン授業となり、それを受講するためのデバイスとしても必要、私も持ち歩ける用のノートPCも必要、ということで買いました。加えて、妻も普通に使えるかな、ということで、3名で2台をスクランブルで使う、という体制にしました。

買ったのはASUSのChromeBookですね。買うまでは、いろいろと調べ、コロナで外出がままならなくなる前までは、家電量販店とかのコーナーとかで、実機を見に行ったりしていましたが、その中でASUSがいいなと思って見ていました。
その上で、この状況で必要な状況となり、購入に至りました。思ったことは以下です。

Androidアプリが使えるのがよい

普段はスマフォでPixel3aを使うAndroidユーザですが、それと同じAndroidアプリが使えるのが便利ですね。ブラウザベースじゃなくて、アプリで使えるのが便利かなと。

タッチパネル対応なのが便利

今回は、2台共タッチパネル対応のものにしました。個人的には、PCでタイプするときには画面を触って操作することはなく完全にキーボード操作ですが、山型に折り曲げてタブレットモードにするときなどは、タッチパネルのほうが便利ですね。
それから、娘が使っているのを見ると、画面をみてぱっと触って操作しようとするので、そういうスマフォネイティブ世代がいると思うと、タッチパネル対応がよいかと思いました。

セットアップは相変わらず超楽ちん

今回2台を同時に購入して、同時にセットアップしました。家族3名分のアカウント☓2台、という感じでやりましたが、それぞれwi-fiにつなぎながら、Googleアカウントに入ってセットアップしていくやりかたでしたが、スムーズにできましたね。Googleアカウントがあればかんたんに使えて、かつ、端末は違えども同じようなセッティングでできる、という環境が構築できるのがいいかなと思いました。

端末の選択肢も、だいぶ前よりも増えた

以前は、日本でそんなに大体的に発売していなかったこともあり、思うような端末を選ぶことができませんでした。
ただ、最近、TVCMもやるなど、かなり積極的に拡販していて、一度はなくなった家電量販店での店頭のコーナーも復活するなど、だいぶ多くの人に広めようという体制ができたように思います。ということで、いろんなところで売るようになったものの、店頭でもオンラインショップでもだいぶ品薄になってきた感じでした。
その中でも、先に述べたASUSのオフィシャルショップで買うことにして、その中でも製品ラインナップの中から、用途にあったものを買えました。買ったのは以下です。スペックとか使い方も違うけど、うまく選べたかなと思います。

ということで、新たなデバイスを持って楽しみなことが結構あります。うまく使いこなして行きたいですね。

メタルのG-SHOCK「GMW-B5000-1JF」を買った

気になっていたG-SHOCKを買いました。

スピードモデルと言われる、初期の角型フォルムの5000系と言われるやつですが、そのメタルボディ版です。
最初は、ボディとバンド両方がメタルのものを、とも思っていましたが、それだと持っているアナログのメタルの時計とあんまり違いないかな、と思っていました。
そこで、ボディはメタル+バンドはウレタン、というモデルが出ているのを知り、いろいろと調べたり、家電量販店に行って調べたりしました。結果的にはこのモデルを買って正解でしたね。大満足しています。

感想は以下です。

ボディとバンドで素材が違うのは全然気にならない

カタログとかサイトの画像とかでみると、ちょっと唐突と言うかばっちり切り替わってない?と正直気になっていました。ただ、実物を見ると、違和感はほとんどないですね。着けているとバンドは裏側に回るんでそんなに気にならなくなると、素材が切り替わっていても、こういうコンボになっている時計って普通にありますしね。

ウレタンバンドだから、重量がいい具合

全体がメタルのモデルだと、重量が気になるとどこかのレビューにありました。まあそれはそうですね。この、バンドがウレタンだと、バンドがより軽量なぶん、着けてもそこまで重さを感じません。全体がウレタンの通常のG-SHOCKと比べるとややどっしり、という程度ですね。先日、スキーに行ったときに、スキー中はこれをつけていましたが、違和感なかったですね。

ところどころに、やや高級感がある

ウレタンバンドですが、通常のG-SHOCKよりも素材がいいウレタンをつかっているということで、ややスムースですね。

伝わりにくいですが、こういう感じ。

そして、時計の裏蓋はスクリューバックに。知り合いに指摘されて気づいたんですが、全部メタルのものだと、スクリューバックじゃないということで、これはこのモデルの特性ですね。

スクリューバックも艶があって、いい感じです。

その他の画像です。

これはプライベート用で使いますが、使い倒していきたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カシオ Gショック G-SHOCK GMW-B5000-1JF メンズ【あす楽】
価格:44000円(税込、送料無料) (2020/3/12時点)

2020年になってふたたびchromebookが気になる。

最近、いろいろなプロモーションで、chromebookを見かけるようになってきましたね。

ヨドバシやビックカメラなどの家電量販店でも、一時期はブース自体がなくなっていましたが、最近はいろいろな店舗でブースが復活し、販売員の方がいるのを目にするようになりました。(先日行った店で、昔よく使ってましたとか雑談してしまった。)また、私は見てませんが、TVCMをやっているとの情報もあるようです。

私は、以前、日本発売前にアメリカから個人輸入してchromebookを使ってました。
Google Chromebook Samsung Series 5を買った|morayblog
もう8年前ですね。ただ、少し前のOSアップデート対象から外れたので使えない、との通知が画面に出たので、それなら仕方ないかと使うのやめてました。ただ、最近外でPCを操作する場合があり、その際にchromebookを久々に使って見ました。

このときは普通に使える!と思ったものの、やっぱりアップデート対象ではないようです。まあ8年前の製品なんで仕方ないですね。ただ、使ってみると、やっぱりOSが軽快に動くのいいなと思いました。

プッシュされるニュースなどを見ると、今春新しいchromebookも結構発売されるようです。
Chromebook、ASUS、Lenovo、Samsungから新モデル登場 – ITmedia NEWS

ちょっと新しいchromebook買おうかなあと本気で考えてます。もう少し見てみたいですね。