セイコースポーチュラシリーズの魅力

先日、この時計を買いました。

 セイコーキネティックのスポーチュラ、7L22-0AE0というモデルです。
 これは国内で販売されたものでなく、セイコーの海外モデルで、2004年〜2008年に販売されていたもの、ということです。確かにそのくらいの時期には、セイコーの海外モデルを扱っているサイトとか店舗とかでよく見かけました。

このシリーズ、海外発売モデルだからか、はわかりませんが、デザインがかなりぶっ飛んでますね。大きめの角型ボディに小さめの分針・秒針(6時のうえにあるSEIKOの文字のところがそうです)オレンジの革ベルトに自動振り子で動くキネティック、と、いろいろです。
当時もほしいなと思い買えなかったものでしたが、先日メルカリで格安で出ていたので、購入しました。

スポーチュラの中古/新品通販【メルカリ】No.1フリマアプリ

ただ、特徴的なオレンジステッチの革ベルトについて、まあまあ傷んでいたので換えのベルトを購入しバンド交換しようとしましたが、バネ棒が特殊らしくはずせず、いくつか時計店を回りましたがやはりどこも断られました。そしてセイコーにも問い合わせましたが、もう生産終了だから交換不可ということに・・・なんとか使っていくしかなさそうです。

家の中を探してみると、以前使っていたスポーチュラの別のモデルも出てきました。

これを買ったのも、やはり2005年くらいだったかな…。今のと同じオレンジの革ベルトでしたが、やはり傷んでしまい別のに変えてます。そして、今は電池も切れて(これはクォーツでした)止まってしまっており、もうタンスのこやしですが、デザインはまあ格好よいですね。今回買ったものの、バンドに難あれど使っていきたいと思います。

在宅勤務に最適な時計としてのG-Shock「GMW-B5000-1JF」

先日購入したG-shockについて、下記のエントリを書きました。
メタルのG-SHOCK「GMW-B5000-1JF」を買った
その後愛用していますが、普段在宅勤務をしていくなかで、この時計をすることが増えてきました。つける時計も自然とローテーションさせていくんですが、この時計を手に取ることが多いですね。どんな点が良いと思って頻繁につけているのか、ポイントを纏めてみたいと思います。

重すぎず軽すぎず、ちょうどいい重さ

これはボディはメタル、ベルトはウレタン製ですが、オールメタルでなくバンドが軽量なウレタンなので、その分軽くなります。重量は96gと、オールウレタンモデルよりはもちろん重いものの、なんというかちょうどいい重さのように思います。

ウレタンなので、PCなどを作業するときにもじゃまにならない。

時計が触る感じがするとかメタルが重いなどとは、普段あまり思いませんが、それでも、ベルトがウレタン製ということで、柔らかい素材で出てきている分、PCのキーボードを打つ際などもそんなに気にせず使えます。よくよく思えば、メタルバンドをつけていて、手首があたって気にあるときは、時計外してデスクに置いたりしてましたが、この時計ではそんなことはほぼないですね。

電波時計なので、時刻合わせも自動で楽

これは、在宅勤務であんまり出歩かず、自動巻きだとどうしても止まってしまいがち、ということと比べての利点です。自動巻きの時計も何本か持っていますが、数日使わないと止まってしまい、止まってるのを動かして日時合わせるのは面倒、さらに使わなくなる、というループが置きがちです。こういうときは、クォーツ・電波時計がやはり圧倒的に有利です。これはソーラー充電ということもあり、日に当てる必要はありますが。

黒白反転している文字盤が見やすい

オフィスと違って自宅だと、照明ももちろん家庭用で、ずっと家にいると、外の明るさに合わせて照明や卓上ライトを早めにつけたりしますが、どうも暗くなって来てから照明つけたりしがちです。季節によっても、外の明るさ・暗さも違いますし。
ということで、知らず知らずに、部屋が暗くなってしまうこともありますが、この黒白反転している文字盤は、非常に見やすくていいですね。

チェックしているG-shockのブログにて、メタルブレスとこのウレタンバンド、どちらがよいかアンケートを取ったエントリを見ましたが、メタルのほうが人気あったみたいですね。

結果発表!24時間アンケート「王道シルバーの銀メタG-SHOCK、ブレスレットタイプGMW-B5000D-1JFとウレタンタイプGMW-B5000-1JFどっちが好み? : great G-SHOCK world

ただ、このブログ主の方もウレタンを押していて、たしかにメタルのほうが見た目はシャープですが、実際の使い勝手はウレタンの方じゃないかなと思っています。
さらに使っていきたいですね。


GMW-B5000-1JF

メタルのG-SHOCK「GMW-B5000-1JF」を買った

気になっていたG-SHOCKを買いました。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

メタルボディのG-Shock買った!画面は黒く反転してて見やすく、バンドもウレタンだからかそんなに重くなく、いい感じです。 #gshock #gmwb5000

Kentaro Shirai(@plusunfield)がシェアした投稿 –

スピードモデルと言われる、初期の角型フォルムの5000系と言われるやつですが、そのメタルボディ版です。
最初は、ボディとバンド両方がメタルのものを、とも思っていましたが、それだと持っているアナログのメタルの時計とあんまり違いないかな、と思っていました。
そこで、ボディはメタル+バンドはウレタン、というモデルが出ているのを知り、いろいろと調べたり、家電量販店に行って調べたりしました。結果的にはこのモデルを買って正解でしたね。大満足しています。

感想は以下です。

ボディとバンドで素材が違うのは全然気にならない

カタログとかサイトの画像とかでみると、ちょっと唐突と言うかばっちり切り替わってない?と正直気になっていました。ただ、実物を見ると、違和感はほとんどないですね。着けているとバンドは裏側に回るんでそんなに気にならなくなると、素材が切り替わっていても、こういうコンボになっている時計って普通にありますしね。

ウレタンバンドだから、重量がいい具合

全体がメタルのモデルだと、重量が気になるとどこかのレビューにありました。まあそれはそうですね。この、バンドがウレタンだと、バンドがより軽量なぶん、着けてもそこまで重さを感じません。全体がウレタンの通常のG-SHOCKと比べるとややどっしり、という程度ですね。先日、スキーに行ったときに、スキー中はこれをつけていましたが、違和感なかったですね。

ところどころに、やや高級感がある

ウレタンバンドですが、通常のG-SHOCKよりも素材がいいウレタンをつかっているということで、ややスムースですね。

伝わりにくいですが、こういう感じ。

そして、時計の裏蓋はスクリューバックに。知り合いに指摘されて気づいたんですが、全部メタルのものだと、スクリューバックじゃないということで、これはこのモデルの特性ですね。

スクリューバックも艶があって、いい感じです。

その他の画像です。

これはプライベート用で使いますが、使い倒していきたいと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カシオ Gショック G-SHOCK GMW-B5000-1JF メンズ【あす楽】
価格:44000円(税込、送料無料) (2020/3/12時点)

 

楽天で購入

 

 

 

GMW-B5000-1JF

シチズンのチャレンジタイマー復刻版、通称”ツノクロノ”を愛用中

シチズンの腕時計で、”ツノクロノ”と呼ばれているものがあります。デザインとしては、クロノグラフでストップウォッチの開始・リセットのボタンが、時計上部の時刻でいうと55分・5分のところにあるというものです。上部にあるのは珍しいので、そのボタンがあるさまがツノのように見えることから、ツノクロノ、という愛称となっているようです。

元祖は、チャンジタイマーという名称の製品で、シチズンのサイトによると、1973年に発売されたもの、ということです。どことなく70年代風というかレトロ感がありますね。

クロノグラフ チャレンジタイマー:歴代モデル:シチズンのキセキ [CITIZEN-シチズン腕時計]

その後、デザインを踏襲して何度か復刻盤が出ています。そのうち2つを持っていますが、なかなか気に入っていて、長く愛用してます。

左の白文字盤が2006年に買ったもの、左の黒文字盤は今年2019年に買ったものです。

この白文字盤は、シチズンデザインというシリーズで数量限定で発売されてました。ヨドバシカメラで見かけて一目惚れして、何度も見に行っていい時計だな〜と思って、自分にしてはなかなかな金額でしたが思い切って買いました。定価は100,000円強くらいだったと思います。ただ、その後、このシチズンデザインも続いて製品はたしか出ず、この製品もそんなに人気あったような感じはしなかったので、あんまり売れなかったんじゃないかと思います。
この時計の特徴は、エコドライブ搭載、チタン製なので軽量、ということかと思います。デザインも主張しすぎず、復刻デザインながら素材やムーブメントは割と新進な感じでよいと思います。

横から見ると分かりますが、筐体の横がカーブして削り込まれていて、独特でかつ手にフィットする感じです。これは、元祖のチャレンジタイマーのデザインを踏襲しているようですね。

そして、黒文字盤の最新盤。
これはプロマスターというラインから発売されてます。シチズン100周年ということで、スペシャルキャンペーンが企画され、そこで復刻となったようですね。
100周年記念限定モデル第2弾 | シチズン100周年スペシャルサイト [シチズン腕時計]

このモデルの特徴は、オールグレーのボディとこれもエコドライブ搭載ってことですね。本当は、電波時計だったら良かったな。あと、これはステンレス製なので、先に買ったものと比べると大分ずっしりと重い感じですね。

横から見ると、やや大きくて大きさも重量もあるのが分かります。

なんか好きで揃えちゃってますね。まずは愛用し続けたいと思います。

Citezen Promaster Skyを買った

[ad#ad-1]

以前も時計買ったエントリをいくつか書いてますが、先日、
Citezen Promaster Skyを買いました。

買ったのは、現行モデルの前のもので、楽天で中古で購入しました。
2014-07-13 17.57.37

以前からCitezen Promaster Skyは気になっていて、現行モデル含めて買ってみたいと思っていましたが、中古でまあまあの価格出ていたので買いました。
これはソーラー電波時計です。単にファッションとして時計を買うというよりも、やはり機能性商品として時計を買いたいところが正直あります。その点、日本ブランドのCitezen、Casioなどは、機能性を追求していていいと思います。

そして、時計バンドは、ついていたものから変えてみました。
2014-07-13 17.57.48

モラレートというメーカーのバイキングという商品。色は黒☓グレーです。

基はメタルバンドでしたが、あんまり金属な感じが気分じゃなかったので変えたいと思ったところ、ラバーバンドでよさげなものを見つけたので替えました。レザーだと夏に汗掻くのによくない、ラバーだと無骨すぎでデザイン面であんまり、というところで、いいかんじになったと思います。

Citizenの時計はもうひとつ持ってます。
2014-07-13 17.57.23

買ったのはもう8年くらいまえですが、シチズンデザインというラインで出たもの。デザインは昔の復刻でそれにエコドライブを載せたというものです。限定発売だったと思いますが、あんまり評判も聞かなかったので、そんなに売れなかったのかな…。

ともあれ、Citizenファンなので、これからもチェックしていきたいです。

[ad#ad-2]

Tissot Heritage という時計を買った

先日、tissot Heritage という時計を買いました。時計はいくつも持っているものの、今回買おうと思った理由は、仕事用に革ベルトでシンプルな時計が欲しいと思ったから。普段はチタンベルトのクロノグラフをしていますが、それでは重いというのとシンプルな時計が欲しかったので思い切りました。
決める要素となったものは以下の通りです。

      • ベルトは革
      • クロノグラフではなく3針のシンプルなもの
      • 見た目は派手ではなく、クラシック調のもの
      • ムーブメントはクオーツでも自動巻きでも別になんでもいい
      • 価格は5万以内

主に国内のサイトを巡回しながら探したものの、良いと思うのは微妙に予算がかかるものばかりだったため、結局アメリカのAmazonで買うことにしました。以前、ノートPCをアメリカのAmazonで買った時に一緒に購入し、転送サービスを使って送りました。価格は440ドル。当時の1ドル80円レートで諸経費抜きで\34,400。日本での最安値が\48000だったことを考えると、やはり大分安いですね。

外観はこんな感じ。

Tissotのロゴは旧ロゴのようです。

使ってみての感想は

  • 見た目はシンプルで格好良い。それなりに高級感もあり。

結構艶やかな質感。革ベルトも割りと高級感があるので、見た目は価格の割には結構いいと思います。

  • 時刻は結構ずれる。あまり正確ではない。

機械式時計の常ですが、1日で数分はずれるかなという印象。パワーリザーブもないため、数日放おっておくと止まります。ただこれは仕方がないですね。

    • バンドの留め金が特殊

こんなかんじです。

革ベルトですが、そのまま留め具を使うのではなく、金属部分のアタッチのようなものに一度革ベルトをはめ、そこを折り畳み伸ばして腕につける形です。おそらく留め具を毎回つけたりしていると革ベルトが痛むからこうなっているのだと思いますが、付けやすさという点ではあまりですね。

当初の目的であった、シンプルな革ベルトの時計という点では、クラシックな外見もあり非常に満足してます。ここから使っていくと味が出て良い感じになるかな。冬に向けて大事に使っていきたいですね。

G-SHOCKを買った

先日、G-SHOCKを買いました。
買ったモデルはこちら。
[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック ORIGIN タフソーラー 電波時計 MULTIBAND5 GW-M5600R-1JF メンズ
[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック ORIGIN タフソーラー 電波時計 MULTIBAND5 GW-M5600R-1JF メンズ
買った場所は、ビックカメラ藤沢店。ポイントが2,000円分くらいあったので、それを使い12,500円くらいでした。特徴は、電波時計+ソーラー充電+耐衝撃構造。以前、これを同じようなモデルを持っていて、5年ほど使っていたものの紛失してしまい、スポーツする際などにウレタンバンドのデジタル時計が必要だったので、購入しました。

ちなみに、以前持っていたモデルはこちら。
[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック ORIGIN タフソーラー G-5600E-1JF メンズ
[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック ORIGIN タフソーラー G-5600E-1JF メンズ

今回買ったものとの違いは、電波時計機能がついているかどうか、というところですね。

更に言うと、上記のモデルの前に持っていたのはこちら。
CASIO G-SHOCK BASIC FIRST TYPE DW-5600E-1V メンズ (海外モデル)
CASIO G-SHOCK BASIC FIRST TYPE DW-5600E-1V メンズ (海外モデル)

これは、シンプルに耐衝撃構造のみというやつ。これはかれこれ7年くらい使用。

こうしてみると、ベースが同じ形のモデルをかれこれ15年くらい使っていることになります。
形で言えば、この四角型のデザインは非常に好きですね。また、G-SHOCKは、厚みがあってごついモデルが多いですが、この四角型は、割と薄めでどんな服装にも合いやすいのも良い点です。今回新たに買うに当たって、他の形も検討しましたが、結局この形に落ち着きました。それくらい自分の中では定番化しています。
また、機能面で言えば、新しいものになるに当たって機能が増えていますが、今回の電波時計+ソーラー充電+耐衝撃構造、というモデルは、腕時計の機能としては、突き詰めるところまで来たかなという印象を持っています。機械式時計などで、はるかに高価なものも多いですが、正直別に機能面で優っているわけではなく、あくまで他の点による付加価値によるものだと思いますので。
それこそ一番初めに買った15年ほど前は、野外活動のインストラクターをやっていましたが、その際にG-SHOCKは最適なギアでした。海で泳いだり、山に登ったり、夜活動する際なんかに、G-SHOCK1本あれば、ほぼ事足りました。自分の中で定番化している理由として、前述した形の好み以外に、タフな現場で使いこなせたというところもあるのかもしれないなと思いました。

ともあれ、これもまた長く使っていければいいかなと思っています。