kindleをiPadで読む

最近、電子書籍のkindleはiPadのkindleアプリで読んでいます。元々kindle paperwhiteを持っていて、kindleはそれで読んでいましたが、なんとなく移行しているかたちです。自分なりの考えをまとめてみたいと思います。

移行しようと思ったメリット

端末の挙動が早い

kindle paperwhiteの最大の不満がこれでした。電子ペーパーは読みやすいんですが、いかんせん端末の挙動が遅くて結構ストレスでした。ページをめくろうと画面をタップすると、数秒経ってページがめくられる感じの挙動で、スマフォとかiPadとかの挙動に慣れていると、非常に遅いように感じます。
iPadはやはり優秀なタブレットで、そのあたりの挙動の遅さというのはほとんど感じられないので、スムーズに読めてよいですね。

マンガ・雑誌が見やすい

私はあまりマンガは読まないんですが、それでもたまには買います。
kindle paperwhiteは電子ペーパーなんで、テキストを読むにはいいんですが、マンガのような画像よりだとやはりちょっと見やすいとは言えない感じがしました。その点iPadは液晶なんで、画像っぽいのを読み込むのはきれいでいいですね。
雑誌についても同様で、これはkindle paperwhiteでそもそも見るものでもないので、新たに見るものが増えたということでもあります。

ライブラリの一覧表示が見やすい


kindle paperwhiteでも、横にスクロールする形でのライブラリ一覧表示がありましたが、画面サイズと液晶との違いで、iPadではきれいななサムネイルで見れるのでよいです。なかなか

逆にデメリットに思ったのは下記です。

端末が大きくて持ちにくい

kindle paperwhiteは、片手でさっと持てるサイズですが、iPadは片手で持つのはちょっときつい。電車で持って読むのはやや難儀しますね。

ストアから買いづらい

iPadから買う場合は、kindleアプリでは買えず、amazonアプリで買う(スマフォの)→iPadに転送→ダウンロードして読む、というようにしてます。家で買えばまあさっと変えますが、外だとやや面倒に感じますね。kindle paperwhiteでは、ストアでの購入もスムーズなので、そのあたりはさっと買うのを想定しているように思います。

私の持っているkindle paperwhiteは、出てすぐ買った超初期型で、今は大分改善されていると聞いているので、端末の問題も大分解消されているのではとは思います。ただ、試してはいないので勝手は分からず、現時点では他の用途にも使えるiPadで見ているような感じです。
新しいkindle paperwhiteも常に気になっているんだけどどうだろうな〜。最もネックになるのは、先に述べた端末の挙動のもんだいなので、そのあたりがどうなのかは、もうちょっと調べたいと思います。

Kindleのメモ機能が便利

[ad#ad-1]

Kindleで本を読んでいると、メモ代わりにハイライトすることができます。
これは単にページに色を付けられるだけかと思っていましたが、ハイライトしたところをあとで参照して移動できることに気づき、すごく便利です。
また、Kindleには、◯◯人がハイライト、というような、ハイライト人気箇所を表示する機能がありますが、メモ機能では、この部分も参照することができます。

2015-02-14 22.01.08

これはハイライト機能で本文を表示したところ。線で表示されてますね。

2015-02-14 22.01.27

メモ機能で「ポピュラー」を選択すると、みんながハイライトしたところが参照できます。

2015-02-14 22.01.18

そして、「自分のメモ」を見ると、自分がハイライトしたところを確認できます。

読んでいて大事だなと思ったところは、ハイライトするようにしているんですが、あとから参照できるからとても便利です。読書ノートもたまにつけますが、そういう時にも便利だし、「ポピュラー」でみると他の人が多くハイライトしたところを見ると、重要なところもすぐわかるのでいいですね。便利に利用したいですね。

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite

[ad#ad-2]

Kindleで村上春樹さんの作品を読む

[ad#ad-1]

相変わらずKindleで本を良く買っていますが、先日これを買いました。

文藝春秋 2014年 1月号 [雑誌] (2014年1月号)
文藝春秋 2014年 1月号 [雑誌] (2014年1月号)

雑誌の文芸春秋。価格は1000円でした。何故買ったかというと、先月号につづき、村上春樹さんの新作が載っていたからでした。文芸春秋に続けて載っているのは知ってましたが、何しろ厚い雑誌なので買うのはどうかなと思っていたところ、電子書籍にあったから買ってみたというところです。

村上さんの作品は、Kindleにはないですね。単に紙の本でもミリオンセラーになってしまうのであえてやってないのかとも思いますが、やはり手元において気軽に読みたいと思うときもあります。ということで、電子ではないのですが、文藝春秋が電子版であったことで、一部のコンテンツでしたが電子書籍端末で読む事ができました。内容は最近のやや捻った長編という感じとは違い、短編によくある日常を切り取っていくような感じでした。新作ということもあり楽しめましたが、やはりこういう舞台は日常だけれども、心の機敏を細やかに描く小説というのは、かなりいいものです。

載っている短編は1つだけなので、そのために1000円払うのはどうかとも思いましたが、その他にもよめるものがちらほらあり(逆に別に読まなくてもいいかと思ったものもやはりちらほら)別に損した感じもしません。文藝春秋自体のコンテンツが、あまり長いものもないので、テンポよくつぎつぎと読めていくのはなかなか面白かった感じもしました。

まあ、いつか村上さんの書籍が、電子書籍で出るというのが理想だけどどうでしょうか。バカ売れしそうだ。

Kindle Paperwhiteの屋外広告がすごい

今日、通勤時に、Kindle Paperwhiteの屋外広告を見かけました。
これは新宿駅西口。JR改札の上のところ。

2013-07-29 21.08.23

2013-07-29 21.08.27

そしてこれは小田急線の車内のつり革広告。
2013-07-29 21.13.41

今日から露出を始めたんですかね。

気になったところは、電子書籍ということでインターネット関連の商品ではあるものの、リアルなところで効果が見込めるところを見極めて広告を出しているところ。駅、それも通勤者が多いところを狙えば、行き帰りの通勤時にKindleを使うシーンがうまく想定できるということになります。以前JRの大船駅の駅のホームでやはりKindleの屋外広告が出ていて、これもうまいなと思いましたが、今回の出稿も本気でやっている感じがします。広告の手法にとらわれず、効果的なところに露出させる、ということについては、普段ネット広告の業務をメインでやっている私にとって非常に考えさせられることでした。

Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite

Amazon Kindle Paperwhiteを4ヶ月使ってみての所感

[ad#ad-1]

11月末にKindle Paperwhiteを買ってから、丸4ヶ月が経ちました。以前、3日使っての感想というエントリを書きましたが、それは機器の使い方について、というところでした。今度は、4ヶ月使った上での、storeとかの使い勝手含め感想を述べたいと思います。

主に使う場所は、通勤時間や病院の待ち時間など外出時。家にいるときはあまり見ないですね。家では、持ち運びしにくい紙の本をみたいという気になるのかも。その上で、使って見ての所感は以下。

  • 本をザッピングして読む感覚が新鮮。

本を読んでいてちょっと飽きたら、別の本にちゃっと切り替えて読めるというのがいいです。あと、途中で思い出して、あの箇所ってあの本にあったか?などと思い出して読むということもあります。ナビゲーションの充実度はそこまでではないものの、ちょっとWeb的に使うことができます。前は新書や文庫などであれば数冊持ち運んでいたときもありましたが、やっぱり可搬性は段違いですね。

  • 思い立ったときに本を買えるのはかなり便利。

これはKindleを買った目的でもありましたが、ストアに行って欲しい本をワンクリックで買えるというのは、予想以上に便利でした。最近では通勤時の行き帰りで1冊読むべくストアで毎日1冊ダウンロードする、ということもしていました。外でwimax経由でダウンロードしても、時間は全然かからずストレスないです。

  • ハイライト機能をよく使うようになった。

気になった箇所を指でなぞるとハイライトされますが、これが読み返し時に便利で、結構やっています。そして、面白いのが、多くの人がハイライトしている箇所は、「○○人がハイライトしています。」と、人数が表示される点。そんなデータも取ってソーシャル的に使ってるんですね。これは興味深かった。Amazonは価格がよく変動しますが、ハイライトされた箇所が多い書籍は価格をあんまり下げない、などのことはやってそうな気がします。

  • Webサイトのテキストよりもじっくり読み込める本というコンテンツの優位性を再確認

これは実感として思ったこと。普段、通勤時間ではスマフォでWebの記事を読んでいるんですが、それをKindleに切り替えて本を読む、ようになると、やっぱり没頭の度合いが違うように思います。端的に言って、コンテンツの質が総じて高いと。Webの優位性として、速報的にフロー情報を出していけるということがあるように思いますが、私のように一日数時間通勤する人間にとっては、その時間がある程度あるというところで、本のようなストック情報の方がハマったのかなという気持ちもします。使い分けする必要がありますけど。

使ってみてやはり非常に便利なツールだと思います。使い方を考えてみると、見るものが単に紙からデバイスに移っただけではなく、読み方もやっぱり変わったんだな、ということはあると思います。そういう意味では、小説やエッセイなどのフォーマットも、電子書籍にあったものがでてきて、それが普及する、ということが大いに有りそうな気がしますね。

[ad#ad-2]

2013年1月、2月に読んだ本まとめ

[ad#ad-1]

実際の書籍で買ったのはこちら

数IA・IIB・IIICがこの1冊でいっきにわかる もう一度 高校数学
数IA・IIB・IIICがこの1冊でいっきにわかる もう一度 高校数学
統計学を理解するのに、基礎的な数学の知識を押さえなればと思い買った本。まだあまり読んでませんが、少しずつでも読んでいきたいですね。佐藤優さん著「読書の技法」で紹介されて買った本。

ここからはKindle本です。

[改訂新版]藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義 (光文社新書)
[改訂新版]藤巻健史の実践・金融マーケット集中講義 (光文社新書)

伝説のトレーダーと称される藤巻健史さんの本。金融マーケット集中講義とある通り、金融に関する事柄を概念的に説明されていて、概論的に読むには大分いいです。

インテリジェンス人生相談 復興編
インテリジェンス人生相談 復興編

佐藤優さんの人生相談本。以前本屋で見かけて面白そうだけど買うまでではないか、と思っていましたが、Kindle版で見かけて購入。内容はかなり面白く、下世話な相談にも筋道つけ参考文献を元に論理的に返答するのがいいです。勉強にもなりますね。容量、内容的にも、電子書籍にぴったりの内容ではないかと。

インテリジェンス人生相談 個人編
インテリジェンス人生相談 個人編

これは、別バージョン。もう1種ありますが、それはまだ買ってません。

Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学
Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学

アップル本。これもハードカバーでは買わないかなと思ったものの、Kindleだったらいいかと思って買いました。結果的にかなり面白かった。個人的にAppleの製品は、iPod以外は馴染みがないのですが、その哲学には大分共感しうるところがあります。そして、現状感じている他社への不満のカウンターとなる部分でもあります。正直これでApple製品に大分興味が出てきました。

電子書籍を結構買ったかと思っていましたが、それほどでもなかった。ただ、Kindle版がある本は、いつでも買えると思える安心感はだいぶいいですね。そして、ハードでは躊躇したものも端末に入れられるのであれば買ってしまおうかと思えるところがいいところ。今月はどうか?

[ad#ad-2]

 

Amazon Kindle Paperwhiteを3日間使ってみた感想

Amazon Kindle Paperwhiteを使い始めて丸3日。簡単な感想を書いてみたいと思います。

  • 大きさ、重さは気にならないレベル

先日エントリーに書きましたが、レザーカバーをつけて使っています。最初は重いかと思いましたが、慣れるとそうでもない。電車を待っているときに片手で持ちながら使ってても問題なく行けます。

  • 画面は非常に読みやすい。

eInkはどうかと思いましたが、全く問題がない。綺麗な紙という感じです。

  • 読み込みにはちょっと難あり

細かいことですが、データを読み込む際に、ちょっと画面が光る挙動をするのがちょっと違和感があります。そして、コミックを読み込むときには割りと起こりやすい。これはユーザを惑わせる挙動になっていると思います。ちょっとマイナス。

  • 操作はかんたん

ページをめくる、ページ上部をタップしてメニューバーを出す、といった操作は問題なく行えます。これはよく出てきますね。前述のように、読み込みの際やたまに動作が遅いと思うことはまあありますが、ストレスを感じるまでは行かないと思います。

ということで大分使いやすいリーダです。主に通勤時間に使ってますが、今までiPod touchを使っていた時間を、Kindleに使うという感じ。集中して読めるのでインプットとしても効率はいいかなと思います。あとは読みたい本がもっとあるといいと思う。
とりあえず購入した本は以下です。

孤独のグルメ【新装版】
孤独のグルメ【新装版】
三面記事小説 (文春文庫)
三面記事小説 (文春文庫)
普通のダンナがなぜ見つからない?
普通のダンナがなぜ見つからない?
コミック、短篇集、新書と買いましたが、どれも区切りよく読めるので非常に楽しめました。ここからもいろいろ探したいと思います。

Amazon Kindle Paperwhite用レザーカバーをつけてみた

Kindle Paperwhiteを予約したと先日のエントリで書きましたが、先日手元に届きました。予定では1月6日発送となっていて、あまりの人気だから仕方あるめえと思っていたのですが、なんと予想外に1ヶ月以上早く届きました。
本体と共にAmazon純正のカバーがあってそれも一緒に注文していたので、それを本体につけてみました。購入したのはこちら。
BUFFALO Kindle Paperwhite専用 レザーケース ネイビー BSTPKDT12LNB
BUFFALO Kindle Paperwhite専用 レザーケース ネイビー BSTPKDT12LNB

それからこれはカバーではないですが、専用の反射防止フィルムも買いました。
BUFFALO Kindle Paperwhite専用 気泡ができにくい 反射防止フィルム BSTPKDT12FT
BUFFALO Kindle Paperwhite専用 気泡ができにくい 反射防止フィルム BSTPKDT12FT

ガジェットを使う際は画面のフィルム+ケースを使うのが大分定番ですが、今回のKindleも多分に漏れずそうしました。

外観はこちら。色はネイビーにしました。素材はレザーですが、革っぽくなりすぎず、かつ滑らない感じで良い感じです。

Kindleとの刻印があります。

持ってみたところ。さほど厚みはないです。最初持った時にちょっと重いかと思いましたが、慣れてくるとそうでもない。

見開いたところ。開けると自動的に電源が入り、私の場合はpasswordを設定しているので、パスワード入力画面がでます。どうやっているかは正直わからないものの、これは結構便利。下部のスイッチは片手では押しにくいため、電源が入るのは非常にいいと思います。動作もワンアクション少なくなるし。

使い勝手については別途エントリを書きたいと思いますが、満足度が高いガジェットだと思います。

前述の通り、ガジェットにはカバーをつけるようにしていますが、このKindle Paperwhiteについても、カバーをつけると安心感が違います。気分的にも非常にノル感じで使えるので良いと思っています。

Kindle Paperwhiteを予約した

先日発売になったKindle。前から狙っていましたが、Kindle Paperwhite を予約しました。
Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite

予約したのは、wi-fiモデルで7,980円。
複数モデルが出ましたが、あくまでe-リンクのモデルが欲しかったので、他のタブレットには興味がなく、koboなんかも一連の騒動等を考えて辞めてました。モデルでは、3Gも使い放題でお得だという声もありましたが、自分でwi-fiルータを持っているため、wi-fiモデルにしています。

kindleストアも同時にオープンしていましたが、ラインナップが充実しているところが嬉しい点です。やはりコンテンツ次第という点を重視していたのでこれは大事でした。紙の本よりも安い価格となっていましたが、現状他の電子書籍サイトと同価格となっているとのこと。ただ、Amazonで価格を決める本もあるらしく、それはいずれ需給バランスを考慮した価格に落ち着くことを期待したいところです。

itunesで音楽配信が広まった時もそうでしたが、店舗に行くことなく商品が買える、ということはとてつもなく重要なことだと考えています。今まで書店に行けないために読めなかった本が結構あったと思いますが、kindleが来てどう変わるか、というところは期待したい点ですね。

ただ、注文が殺到していて、しばらく睨んでから予約しようと思ったところ、商品到着は年明け1月となるとのこと。ただ、Chromebookを買うのに1年近く待ったことを考えると遅くない!と言い聞かせてます。