最近飲んでる日本酒まとめ

ここ2ヶ月ほど、在宅勤務をしています。そのためか、夕食の時間も早くなり、やや余裕が持てています。今まではオフィスからはかなり遠くて、帰宅時間も深夜に近くて慌てて夕食を食べるという様子だったので。

夕食時にお酒を飲むのもやや余裕を持ってできるようになっているんですが、最近はもっぱら食事に合わせるのは日本酒です。
それまでは、それこそビールを基本にワイン飲んだりしていましたが、なんか日本酒をゆったり飲むのが気に入ってます。ビールみたいに炭酸が入っておらず、お腹が重くならない感じがするのもいいですね。
ということで、最近飲んだ日本酒を列挙したいと思います。

熊澤酒造「吟醸酒 湘南」

我らが湘南の酒造、熊澤酒造の「湘南」基本お酒買うのはセブンイレブンなんですが、これもセブンで買いました。
普通に美味しいですよね。値段も別に高くないし、なんというか自分の中のスタンダードの日本酒って感じ。

熊澤酒造「吟醸酒 鎌倉栞」

これもまた熊澤酒造のお酒。湘南の地名がついているものが多いですが、これは鎌倉。先の「湘南」も吟醸でしたが、これはまた味わいが若干違う感じだったかな。

熊澤酒造「純米吟醸 湘南」

熊澤酒造3連発!実は今日から飲んでするんですが、「湘南」の純米吟醸。より磨き込んでる感じですね。吟醸酒とはまただいぶ違って、よりキリッとしてて、辛口と言っていいのか?そういう感じの味わいでした。いい感じで飲みたいですね。

三和酒造「純米吟醸 臥龍梅」

これもコンビニではなく、近所のクイーンズ伊勢丹に買いに行きました。純米吟醸だけど、熊澤酒造のほどキリッとしてなくて、飲みやすくて美味しかった。静岡って日本酒どころ多いですね。ちょっと前に浜松に旅行行ったときも、地の日本酒買って飲みました。

一ノ蔵「特別純米酒 一ノ蔵」

宮城の一ノ蔵、もうなんか名門ですね。これは純米酒。純米吟醸ばっかり紹介していてあれですが、本当は吟醸ではなく純米酒が好きですね。冷でも常温でも燗酒でもどれでも美味しいし。
一ノ蔵は昔からよく美味しいと思って飲んでるので、買うときに迷いがないですね。実績に基づいた偉大なるブランドの力。

菊姫「純米酒 菊姫」

これはセブンで買いました。石川県のお酒ですね。「菊姫」は、多分美味しんぼですが、その中で美味しい日本酒として紹介されてたのが記憶にあって、飲んだことはなかったですが気にはなってました。
飲みましたが、さすがに美味しい!値段も他の日本酒の1.5倍くらいはするんですが、それくらいの価値がありますね。(この後にももう1回買った)

加賀鳶「純米 加賀鳶」

これもセブンで。「菊姫」と同じ石川県の日本酒ですね。菊姫ほどのインパクトはなかったものの、これも美味しく飲みました。

日本酒は、味のバリエーションがあって楽しいですね。ワインもまあそうですが、日本酒の方が、当たり前ですが土地に馴染みがあるところもあり、ちょっと思い入れが違うところもあります。もっと探求していきたいですね。

久々に「蔵元料理 天青」に行った

先日、結婚記念日を迎えたので「「蔵元料理 天青」に食事に行きました。前回行ったときにもエントリを書いてますが、その時から行ってないので、約6年ぶりですね。イタリアンの方はもう少し行ってますが。

入り口には緑がいっぱい。行くたびに少しずつ建物とか店舗とか変わってますが、今回行ったところ、カフェとかアパレルみたいのができてました。アパレルショップはちょっと覗きたかったのですが、予約の時間ギリギリになったので行けなかった。Instagram見るととてもおもしろそうですね。

この投稿をInstagramで見る

あいにくの雨ですが、気温が涼しく、okebaは涼しげなリトマスさんの藍に囲まれて季節感を感じられるなぁと思ったりしながらお仕事しています. . . 本日と明日、リトマスの吉川さんが在廊されておりますので、ぜひご来店下さい. . . そして本日は、無地の藍染めTシャツに、その場で好みの柄を選んでシルクスクリーンでプリントし、ご自分だけの1枚が作れるイベントを行っています。 . こちらは土日のみの期間限定で、6月15日(土)・16日(日)・22日(土)・23日(日)・29日(土) に開催予定です。(作家さん在廊日となります) . また土日の職人さんがいらっしゃる時には、Tシャツ、シャツ、ストール、スニーカー(天然素材のもの)などの「染め直し」のご相談も受け付けております。 お気軽にお問合せください。 . . 【okeba gallery&shop】 . LITMUS展 2019年6月15日(土)〜30(日) 6/18定休日 . weekday 11:00〜17:00. weekend 11:00〜18:00. 茅ヶ崎市香川7-10-7熊澤酒造敷地内. TEL/0467-50-0252. MAIL/okeba@kumazawa.jp. HP/http://www.kumazawa.jp/mokichi/okeba/. . #okeba #熊澤酒造 #蔵元 #gallery #shop #展示 #exhibition #展示 #日本 #japan #神奈川県 #神奈川 #kanagawa #湘南 #shonan #茅ヶ崎 #chigasaki #熊澤酒造 #酒造#作家 #手作り #手仕事#雑貨#雑貨店#knickknackshop#ShopandGallery#litmus#indigo#藍染め#Tシャツ#染め直し

okeba gallery&shopさん(@okeba_gallery)がシェアした投稿 –

料理は、特別だったので、「千峰 蔵元料理 天青のスタンダードコース」にしました。

これは、先付の「稚鮎有馬山椒煮のきぬた巻」ですね。稚鮎はまるごと食べれて美味しかった。

これがメインの肉料理「国産牛のグリル 赤ワインビネガーソース」美味しいお肉は美味しいですね。
あと、一緒にご飯と味噌汁も出してもらいましたが、ご飯は「小出の黒米御飯」ってことで、茅ヶ崎の小出で作ってるんですかね。これもとても美味しかったです。

一杯目は湘南ビールを飲みましたが、その後は料理に合わせて日本酒を。利き酒セットが何種類かありましたが、季節限定の3酒ききくらべにしました。吟醸酒2種とにごり酒1種。吟醸酒もそれぞれ風味が違い、また趣が違うにごり酒がそこにあって、非常にいいコンビネーションでしたね。

事前に結婚記念日ということを伝えていたら、こんなプレートも用意してもらいました。デザートも美味しかったですね。
ちなみに、文字で書いてあるチョコは、娘たちがガリガリと削って美味しくいただきました。

食事終えて、店をでたところでパチリと一枚。大体2時間半くらいのコースでしたね。

やはり、天青は美味しい。そして、特別なときに来るというところかなと思います。美味しいものを食べてまた頑張ろう、という気持ちになりました。いや、また行きたいな。

▼参考URL
蔵元料理 天青 – 熊澤酒造株式会社

熊澤酒造の日本酒「吟醸酒 湘南」を飲んだ

以前からファンの酒蔵、茅ヶ崎の熊澤酒造について、以前こんなエントリを書いたりもしていますが、この度「吟醸酒 湘南」を買って飲みました。
画像は飲みかけのものですが。

買った理由は、近所のセブンイレブンで売っていて気になったからですね。熊澤酒造さんの日本酒は、よく藤沢界隈のコンビニとか普通の酒屋とかスーパーとかでも売っていて、地酒のような感覚で買えるのがいい感じですね。もちろん味もなんというか伸びのある感じというか素直な味がしてとても美味しい。いろんなラインが出ているので、いろいろ飲んで比べてみたいところです。

▶参考リンク
熊澤酒造の日本酒

湘南に住んでる人の手土産・贈り物に最適な「湘南ビール」

以前こんなエントリ「」を書いときながらそこに含んでいませんでしたが、湘南地区住民の人がなんか手土産持っていく・贈り物をする際に最適なものとして、「湘南ビール」があります。
作っているのは、茅ヶ崎にある熊澤酒造さん。元々は日本酒の蔵元だったそうですが、地ビールというかクラフトビールとされるこの湘南ビールも美味しいですね。

私は藤沢市在住ですが、この湘南ビールは毎年のお中元・お歳暮の定番で、家族や親戚によく送って喜ばれてます。また、ちょっとした集まりに持っていっても喜ばれますね。

フレイバーはいくつかあり、季節や年度によって新作が出るのでどんどん変わります。

贈り物に最適な点としては

クラフトビール的な丁寧な美味しさ

ビールなんて別にどこでも売ってますので、単に贈るのはどういう意味が?というところですが、先に申したフレーバーの違いがしっかりあり、十分に楽しめます。軽く飲めるピルスナー系、どっしりとしたエール系、だいたい両方揃ってますが、個人的にはエールが本場のギネスなどのように重厚すぎずかつコクもあるのでそれが好きですね。

価格も価値に見合うような不可価値つき

丁寧な美味しさとも共通しますが、丁寧な美味しさなりの価格です。瓶ビール1本でだいたい500円強というところです。高いからうまいんではなく、うまいから高いというところについて納得感がある価格で、ある意味ギフト向けかなと思います。

なかなか売ってないという希少価値

熊澤酒造さんの日本酒は割といろんなところで売っていて、藤沢市など湘南地区ではコンビニにおいてたりもしますが、湘南ビールはあんまり置いてる店は多くない印象で、地元の昔からやってる酒屋さんとか、あとは各直営店という感じですね。ということで、なかなか飲めない希少価値はあるように思います。

今年のお中元にも使いました。人に贈り物していると、自分も飲みたくなってきますね。

▼関連URL
湘南ビール – 熊澤酒造株式会社

▼関連エントリ
熊澤酒造の日本酒「清酒 熊澤」を飲んだ
蔵元料理「天青」に行った
MOKICHI TORATTORIAに行った

熊澤酒造の日本酒「清酒 熊澤」を飲んだ

茅ヶ崎の蔵元、熊澤酒造の日本酒「清酒 熊澤」を飲みました。
湘南ビールでお馴染みの熊澤酒造さんですが、元は日本酒の蔵元。正月だったので、地元のいい酒を飲もうと思いたち、近所のスーパーで買いました。地元の店にちゃんとおいてあってよかったですね。
この「清酒 熊澤」は、純米、吟醸、純米吟醸とあって、ほんとは好みの純米が飲みたかったのですが売り切れで、もうひとつおいてあった吟醸の方を飲みました。純米は前に一度飲んだからいいかということもありました。

2013-12-31 16.51.38

こんな感じで箱入りでした。価格は、酒が安くなるスーパーで、720ml¥1500くらい。

2013-12-31 16.52.02

開けてみると、ブルーのボトルできれいです。

味は、純米吟醸ということで、やや軽めの味わい。ただ、吟醸酒でたまにある不自然な香りはせず、非常に自然ないい香りでした。味も後味が重くなく、軽い味わいでうまい。湘南ビールも日本酒もそうだけど、こちらの酒はどれも丁寧に造られている感じでいいですね。

ということで、いい酒を飲みたいときにまた買いたいと思います。

蔵元料理「天青」に行った

[ad#ad-1]

先日、7回目の結婚記念日を迎えました。そこで祝いとして食事をする事にしまして、行った先が茅ヶ崎にある蔵元料理「天青」です。

ここは熊澤酒造が経営している和食の店で、同じ敷地に以前行った「MOKICHI TRATTORIA 」があります。「天青」は落ち着いた和食の店で、子供が生まれる前は何度か行った事があるのですが、子供が小さいうちは、落ち着いた雰囲気の店にはなかなか行きづらく行っていませんでした。子供も大分大きくなったので行こうと思い立ったというわけです。

当日行く前に電話予約をしましたが、土曜ということもあり混んでいたようで、希望の時間では予約できませんでしたが、別の時間で予約できました。予約の際は、大人、子供それぞれでコースを事前に決めました。(後で聞いたところ、夜はコースが基本との事)大人は3種のコースがあることをサイトで見ていたのですぐ決まりましたが、子供用のコースはサイトにのっていなかったので、電話口での確認となりました。記憶レベルですが、肉or魚+デザートで800円、肉+魚+デザートで2000円、だったと思います。量がどれくらいなのか分からなかったので、肉+デザートのコースにしてみました。

大人は5000円のコースを食べましたが、どれも丁寧、上質で美味しかった。そして、電話口で何かの記念日なのかを聞かれていて、結婚記念日と答えたところ、ちゃんとそれ用のデザートを出していただきました。これはうれしいですね。

そして、湘南ビールの生を飲みましたが、限定のチョコレートポーター バレンタインラベルというビールが美味しかった。黒ビールなんですが、チョコレートの雰囲気だけあり甘くなくコクがあるという感じでした。私はチョコレート自体全然すきではないものの、これは絶品でした。
湘南ビール | 熊澤酒造株式会社

湘南ビールは通販しているところもありますが、これはさすがになかった。店で飲むという希少性があるから、さらにいいのかもしれませんね。

湘南地区でちょっといいものを食べたいというときに最適な「天青」。正直そんなに頻繁に行けるところでは(私的に)ないのですが、ぜひまた行きたいですね。