Morayblog

ライフログとアウトプットを中心とした身辺雑記

デジタルメモ「ポメラ」を使う

先程のMOLESKINに続いて、テキスト系ギアのエントリーをもう一つ。

数ヶ月前、KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」を買いました。買おうと思ったきっかけは、当ブログを初めとしたWeb系アウトプットを行う際に、気軽にテキストを書けるガジェットが欲しいなと思ったことです。第一に検討したのは、iPod touch+ブルートゥースキーボードだったのですが、その当時は、iPod touchがブルートゥースキーボードに非対応だったため、あえなく断念。携帯+ブルートゥースキーボードも少々考えましたが、あまり機能的ではないと考え、ポメラの新機種が出たことを受けて購入することにしました。

買ったのは、ある意味廉価版と言えるDM5。Amazonで購入しました。その時は上位機種であるDM50と共に発売されたので、そちらもいいかと思いましたが、DM5でも打ちやすさはまあま、あ、カレンダー等は考えずテキスト入力マシンに徹する、という考えて、これを選びました。

色はスパークリングシルバー。
キングジム デジタルメモ「ポメラ」 DM5シル スパークリングシルバー
キングジム デジタルメモ「ポメラ」 DM5シル スパークリングシルバー

実際使ってみた感想ですが

  • キーボードの打ちやすさはまあまあ。下がカバン等のやわらかいものだと少々うちづらい程度。
  • フォルダ分けの機能はないが、別に気にならない。保存する題名ルールを決めておけば問題なし。
  • 画面はバックライトがないので、少々暗いと思う時がある。
  • デフォルトで入っているATOKは賢い。
  • カバンに入れると、少々かさばる。

主な使用シーンは通勤時の電車内ですが、まあ使えます。今のところ、仕事で使ったことはないですね。ただ、あくまでもテキストを打つのが目的なので、ある程度のボリュームの文章を打つのがよい使い方だと思います。イラスト系はもちろん、一覧性も高いわけではないので、箇条書きに何かを書き付けているのであれば、アナログなメモの方がよい気もします。今はiPhone+ブルートゥースキーボード、という使い方をよく目にしますが、ポメラのような単機能系ガジェットもなかなか楽しいですね。今のところ、アナログのメモとどちらかを持って行くという使い方ですが、前エントリーのMOLESKINと合わせて、いろいろ使っていきたいと思うものでした。

発売元のKINGJIM社は、このポメラを初めとした個性的な商品を出す企業だということが認知されて、新卒の応募が増加したとのこと。他のポメラの機種のキーボードに面白い誤植があったり、レーシングドライバーやガンダムとのコラボしたポメラを発売したりと、何かと目が離せない企業です。

KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM5シル スパークリングシルバー
KINGJIM デジタルメモ「ポメラ」 DM5シル スパークリングシルバー

▼関連URL:

ポメラのキーボードに誤植。「ひながな」

デジタルメモ「ポメラ」にガンダムコラボ 3モデル、ガンダム語辞書を搭載

コメントは受け付けていません。