Morayblog

ライフログとアウトプットを中心とした身辺雑記

坂本龍一さんの楽しみ方(2)

先日のエントリの続きです。

YMOとしてのアプローチ

アプローチと書きましたが、メンバーですからね。数々の名曲を作っていますが、好きなのはこれかな。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー [ YMO ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2019/1/30時点)

5曲目の「Behind The Mask」。ボコーダーを使ってボーカルもしてます。以前放送されたNHKの「Schola」の中でこの曲を取り上げていて、不思議とライブで受ける訳を分析してましたが、イントロのコード進行がギターで弾きやすい平行移動できる進行だったと言っていました。耳に残るコード進行ですね。

ライブ盤として、Youtubeに上がっている下記も好きです。

キーボードプレーヤーとしてのアプローチ

YMOとしてデビュー前に、スタジオミュージシャンとして活躍されていたと聞いています。いろいろな作品に参加されていますが、特に驚いたのは、矢沢永吉さんのヒット曲「時間よ止まれ」に参加していることですね。そして、高橋幸宏さんも一緒に参加されていて、YMOの2/3ですね。

レコーディングにはYMOの坂本龍一、高橋幸宏も参加。時間よ止まれ (矢沢永吉の曲) – Wikipedia

幸宏さんはこんなことも言ってましたね。

田島 「影響力という意味では幸宏さんのドラムに憧れた人は僕らの世代にはすごく多いですよ。幸宏さんのドラムはヴォーカリストが歌いやすいドラムなんですよ」
高橋 「それは僕が歌うということが大きいでしょうね。唯一ちょっと邪魔していたなと思うのが、<時間よ止まれ>」
田島 「ええっ! 矢沢永吉さんのあの曲のドラム、幸宏さんだったんですか!?」
特集:『WORLD HAPPINESS 2012』開催記念対談 高橋幸宏×田島貴男 – CDJournal CDJ PUSH

もともと凄腕ミュージシャンだったから、いろいろなところに参加されていたのだと思います。面白い。

というように、様々なジャンルの音楽を作った坂本さん。今後の活躍にも期待したいと思います。

コメントは受け付けていません。